50万円キャッシングした場合の利息

50万円と言う金額のキャッシングを利用した場合、50万円×金利÷365日×30日と言う計算式で1か月分の利息を計算する事が出来ます。
尚、365日で割るのは、キャッシングの金利と言うものが年利になっているからで、うるう年の場合は366日で割ることになるのです。

尚、50万円のキャッシングを利用した場合の金利と言うのは、消費者金融会社や銀行などにより異なります。
金利が低いほど返済額に含まれる利息は少なくなりますので、キャッシングを利用する場合は金利を比較していくことが重要なのです。

因みに、50万円のキャッシングを金利15.0%と18.0%の2つで利用した場合、月々の返済額にどれだけの利息が必要になるのかと言いますと、15.0%の場合では、50万円×15.0%÷365日×30日=6164円になります。
一方、18.0%では、50万円×18.0%÷365日×30日=7397円になります。
この二つを比較すると、18.0%の金利の方が、1233円分余計に利息が必要になるのです。

尚、キャッシングの借入額は返済を行う事で元金が減ることになります。
そのため、1回目は50万円と言う金額になっていても、2回目以降からは借入残高の合計額になります。
すなわち、回数が多くなるほど元金でもある借入残高が減ることになりますので、多くのお金を返済して元金を減らすことで支払う総額も少なくなることになるのです。

尚、これは繰り上げ返済などとも呼ばれているもので、余裕が有る時などキャッシングの返済をある程度まとめて返すことが出来ると言った利点があるのです。